東京 株式会社リード モンテセラピーやエンヴァニュ、エクラブラン化粧品、各種健康補助・栄養機能食品を展開する「美と健康」の総合メーカー

ヘルハオトハーベン・プラス AL10エッセンス

ヘルハオトハーベン・プラス AL10エッセンス

製品の特長

最先端テクノロジーにより生まれた新成分
アセチルヘキサペプチド−3を10%配合した美容液。

表情筋の働きのもとになる神経伝達物質などに働きかけて、塗るだけでボトックス注射のような表情ジワへの作用をもたらせて皮膚老化を防止、ヒアルロン酸(36%配合)や褐藻エキスで肌のハリを保ちます。 また、アセチルヘキサペプチド−3はアミノ酸の一種で、加齢による、コラーゲンの変質や肌の弾力性の低下に作用し過度の筋肉収縮を抑えて、シワ・タルミに働きかけます。

美容業界で人気の「アルジルリン(ヘキサペプチド-3)」
6個のアミノ酸が結合した物質で表情ジワを改善する化粧品成分として欧米を中心に人気が高まっている成分です。表情ジワは、繰り返される表情変化によっておこるシワのことで目元、口元、額、眉間などに良く見られます。それは、内側へ皮膚を引っ張る筋肉の緊張によっておこり神経伝達物質の過剰な分泌が影響していると考えられています。

アルジルリンには、表情ジワの原因である神経伝達物質の過剰な分泌を抑える働きがあり筋肉の緊張を緩和し表情ジワを改善してくれる成分ですが、この効果は、美容整形としてプチ整形で人気のあるボトックス注射と同じ効果があるためアルジルリンが入っている化粧品のことは、『塗るボトックス』とも呼ばれています。気になる小ジワや表情ジワにも有効で、欧米ではシワを目立たなくする効果が高いと、皮膚科医にも認知されています。

アンチエイジング成分「マトリキシル」
活性成分として皮膚に最も豊富に存在するプロテインであるコラーゲンの一部を、ミニチュア化した形で含んでいるこの成分は、リジン、スレオニン、セリンのアミノ酸からなるペプタイドといわれるアミノ酸の集合体です。コラーゲン産生作用の高いマトリキシルは、皮膚科基礎研究所では細胞の若返り作用が非常に強く、臨床研究においてもシワ、たるみの改善効果が高いと報告されています。このことから、レチノールに匹敵するアンチエイジング成分といわれ、主にシワやたるみに働きます。また、複数のアミノ酸が結びついた結合体「ペプチド」がコラーゲンの合成を促進。さらに皮膚表面から角質に働きかけてコラーゲン、エラスチンの減少を防ぎます。肌にハリを与えシワの改善をおこなうことから、メスを使わない整形といわれ、肌の奥まで働きかけてくれます。

チェックポイント

  • 現在日本の美容業界で、大変人気のあるアルジルリンを10%配合。さらにレチノールに匹敵するアンチエイジング成分マトリキシルが、コラーゲンやエラスチンへ働きかけます。
  • ヘルハオトハーベン・プラス AL10エッセンスは、お肌にハリを与えてシワの軽減に働きかける美容液です。

配合成分

褐藻エキス、水、ヒアルロン酸、アセチルヘキサペプチド-3、パルミドイルペンタぺプチド‐3、メチルパラベン、ブチルパラベン、フェノキシエタノール

※各成分についての解説はこちらの「主要成分解説」ページをご覧ください。

使用方法

洗顔後、化粧水の後に2〜3滴を手に取りお肌になじませて下さい。その後のクリームなどは、美容液が肌に浸透し肌表面が乾いてからお使い下さい。朝、晩とお使いいただけます。

Copyright© 2009 Lead.,Co Ltd. All Rights Reserved.